About

*

コンドロイチンの1日あたりの摂取量

コンドロイチンは適量を守って摂取すること

コンドロイチンはもともと体内に存在している成分です。また、加齢とともに減少していくことが体の老化を促し、関節痛などの問題を引き起こします。サプリメントや医薬品での摂取は、減少を補うことで健康で若々しい体を取り戻すことを目的としているのです。また、もともと体内にある成分のため安全性が高い点も人気のポイントです。ただ、どんな成分でも摂取の適量というものがあります。いくら安全な成分でも、1度に大量を摂取すると必ず何らかの問題が生じるものです。とくにコンドロイチンの場合は腹痛や吐き気、下痢、便秘などがあげられます。こうした副作用が過剰摂取によって強まってしまう恐れもあるわけです。

コンドロイチンの1日あたりの摂取量

では、コンドロイチンの1日あたりの摂取量はどの程度なのでしょうか。理想は1200ミリグラム前後と言われています。ただ、体型や体重によって適量には個人差があるため、より細かな摂取量の分類が行われることもあります。よく挙げられるのが体重54キログラム以下は800ミリグラム前後、55~90キログラムまでの間は1200ミリグラム、90キログラム以上では1500ミリグラムというもの。こうして見ると日本人の平均的な体型・体重なら1200ミリグラムが最適ということになります。

このコンドロイチンの1日あたりの摂取利用に関しては、注意しておきたい点がいくつかあります。まず、サプリメントにどの程度の用量が含まれているか。他の成分も併せて配合されている場合、ひと粒にどの程度の量が入っているのかわかりづらいこともあるので、しっかり確認できる製品を選びましょう。それから一度に摂取せず、一日のうちに何度かにわけて摂取すること。同じ摂取利用でも1度に多くの量を摂取した方が副作用を起こしやすいといいます。この点はサプリメント、医薬品の注意事項をよく読んだ上でしっかり守って服用していくことが重要になるでしょう。体の老化は短期間で解消できるものではありませんから、焦らずに適量をわきまえたうえで有効に活用していきましょう。

関連記事

no image

新型コンドロイチンとは

従来のコンドロイチンと新型コンドロイチンサプリ...

記事を読む

no image

コンドロイチンの選び方

適切なコンドロイチンを選びましょう関節痛に高い...

記事を読む

no image

コンドロイチンで老化防止

アンチエイジングに役だつコンドロイチンコンドロ...

記事を読む

no image

コンドロイチンのネバネバ物質

コンドロイチンとネバネバ物質コンドロイチンはム...

記事を読む

no image

肉体が老化する原因とコンドロイチン

体が老化するメカニズムコンドロイチンには体の老...

記事を読む

新着記事

no image

サントリー/ロコモア

はじめに加齢とともに体中の衰えを感じるときに飲むべきと勧め...

記事を読む

no image

サントリー/グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)」グル...

記事を読む

no image

ヒアルロン酸とは

体を構成する重要な成分関節痛の改善に役立つ成分...

記事を読む

no image

コラーゲンとは

美容だけでなく健康維持にも不可欠な成分コラーゲ...

記事を読む

no image

MSMとは

関節痛の予防・治療に注目されている成分グルコサ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

サントリー健康科学研究所とミズノが共同企画したひざサポーター「ひざ動楽」

no image
サントリー/ロコモア

はじめに加齢とともに体中の衰えを感じるときに飲むべきと勧め...

no image
サントリー/グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)」グル...

no image
ヒアルロン酸とは

体を構成する重要な成分関節痛の改善に役立つ成分...

no image
コラーゲンとは

美容だけでなく健康維持にも不可欠な成分コラーゲ...

no image
MSMとは

関節痛の予防・治療に注目されている成分グルコサ...

→もっと見る