About

*

コンドロイチンの効果

コンドロイチンが果たす役割

コンドロイチンはもともと体内に存在している成分です。ムコ多糖類に分類されており、細胞を結合し、水分を与える役割を果たしています。とくに重要な役割となっているのが関節をスムーズに動かす働き。関節と関節の間のクッションとして働く軟骨の主成分でもあります。しかし、このコンドロイチンは加齢とともに減少していきます。その結果体の老化が進んだり、関節部分の軟骨が磨り減って関節痛の原因となったりしてしまうのです。それを防ぐためにもコンドロイチンを外部からうまく補う必要があるわけです。個人差がありますが、だいたい40歳くらいから減少が目立つようになります。ちょうど体の衰えが気になり始める年齢です。

コンドロイチンの効果

わたしたちがサプリメントなどで摂取しているコンドロイチンは、正確にはコンドロイチン硫酸と言います。コンドロイチンのみでは体内で不安定な状態なのですが、硫酸と結合することでより安定した状態で機能することができるのです。コンドロイチン硫酸のおもな効果といえば、先に挙げた関節痛を和らげる働きがまず挙げられます。この点をもう少し具体的に見てみましょう。関節の動きをスムーズにするための軟骨には水分や潤液があります。いわば柔軟性をもたらすスポンジのような働きをしている部分なのですが、コンドロイチンはこのスポンジの部分を正常に保つ役割を担っているのです。なお、コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取するとより効果的と言われますが、それはグルコサミンがこのスポンジの部分の主成分となっているからです。こうしたコンドロイチンの効果をより高めるための知識も知っておくとよいでしょう。

細胞を結合させ、水分を維持する効果も忘れてはなりません。人間の体は6割以上が水分でできています。細胞の水分を維持するコンドロイチンが減少すると水分が失われ、体の老化が加速してしまうのです。肌や血管の老化を防ぐ意味でも、コンドロイチンの摂取が大きな意味を持ってくるでしょう。

関連記事

no image

新型コンドロイチンとは

従来のコンドロイチンと新型コンドロイチン サプリ...

記事を読む

no image

コンドロイチンの選び方

適切なコンドロイチンを選びましょう 関節痛に高い...

記事を読む

no image

コンドロイチンで老化防止

アンチエイジングに役だつコンドロイチン コンドロ...

記事を読む

no image

コンドロイチンのネバネバ物質

コンドロイチンとネバネバ物質 コンドロイチンはム...

記事を読む

no image

肉体が老化する原因とコンドロイチン

体が老化するメカニズム コンドロイチンには体の老...

記事を読む

新着記事

no image

サントリー/ロコモア

はじめに 加齢とともに体中の衰えを感じるときに飲むべきと勧め...

記事を読む

no image

サントリー/グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)」 グル...

記事を読む

no image

ヒアルロン酸とは

体を構成する重要な成分 関節痛の改善に役立つ成分...

記事を読む

no image

コラーゲンとは

美容だけでなく健康維持にも不可欠な成分 コラーゲ...

記事を読む

no image

MSMとは

関節痛の予防・治療に注目されている成分 グルコサ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

サントリー健康科学研究所とミズノ社が共同企画したひざサポーター「グッドムービングひざサポーター」

no image
サントリー/ロコモア

はじめに 加齢とともに体中の衰えを感じるときに飲むべきと勧め...

no image
サントリー/グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)」 グル...

no image
ヒアルロン酸とは

体を構成する重要な成分 関節痛の改善に役立つ成分...

no image
コラーゲンとは

美容だけでなく健康維持にも不可欠な成分 コラーゲ...

no image
MSMとは

関節痛の予防・治療に注目されている成分 グルコサ...

→もっと見る