About

*

グルコサミンの量は何歳から減っていきますか?

グルコサミンの減少がもたらす影響

グルコサミンはもともと体内に存在している成分で、関節部分の軟骨の主成分となったり、ヒアルロン酸の原料となります。しかし、この成分は加齢とともに少しずつ量が減っていきます。その結果、軟骨が磨り減って関節痛の原因となったり、肌の弾力や潤い不足によるシワやシミといった肌トラブルなどを引き起こすのです。グルコサミンは体の老化を防ぐ働きもあるといわれていますが、そもそもグルコサミンの減少そのものが体の老化によってもたらされているわけです。

グルコサミンの量は何歳から減っていきますか?

では、グルコサミンの量は何歳から減っていきますか? と不安に思う人もいるでしょう。じつはすでに20代の段階でかなり減っていると答えると、驚かれるのではないでしょうか。生まれた時のグルコサミンの量を100とすると、20歳の段階ですでに50程度にまで減少してしまっているのです。これが30代になると25~30程度、50代になると20程度にまって減少してしまうと言います。

このデータを見てもわかるように、グルコサミンの量は何歳から減っていくかが重要なのではなく、いつ頃から減少が大きな問題となるのかが重要となります。その境界線と言われるのが40歳。グルコサミンの量に限らず、さまざまな面で体の衰えを実感するようになる年齢です。グルコサミンだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチンなど深く関わる成分の減少も目立つようになるため、影響が目に見える形で表れやすくなるのもこの年齢の特徴です。

グルコサミンが減っていくのを遅らせることはできても防ぐことはできません。その意味でもサプリメントで減少して不足した分を補うことが、大きな意味を持ってくるわけです。とくに関節痛の痛みは自然治癒が期待できませんから、グルコサミンをサプリメントでいかに賢く摂取していけるかどうかが、対策における重要な鍵となります。健康状態を踏まえながら、グルコサミンサプリメントの必要な時期を見計らっていくとよいのではないでしょうか。

関連記事

no image

グルコサミンは錠剤とドリンクで差はあるの?

グルコサミンを摂取する方法加齢とともに失われて...

記事を読む

no image

グルコサミンサプリメントのダメな食べ合わせはある?

グルコサミンは安全な成分サプリメントを摂取する...

記事を読む

no image

グルコサミンサプリメントは安全なの?

サプリメントは安全性が第一ネット通販で手軽にサ...

記事を読む

no image

他のサプリメントとの併用は可能

サプリメントの併用についてサプリメント市場が活...

記事を読む

no image

グルコサミンサプリメントを飲むときの注意点

サプリメントは飲み方も大事サプリメントは安全性...

記事を読む

新着記事

no image

サントリー/ロコモア

はじめに加齢とともに体中の衰えを感じるときに飲むべきと勧め...

記事を読む

no image

サントリー/グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)」グル...

記事を読む

no image

ヒアルロン酸とは

体を構成する重要な成分関節痛の改善に役立つ成分...

記事を読む

no image

コラーゲンとは

美容だけでなく健康維持にも不可欠な成分コラーゲ...

記事を読む

no image

MSMとは

関節痛の予防・治療に注目されている成分グルコサ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

サントリー健康科学研究所とミズノ社が共同企画したひざサポーター「グッドムービングひざサポーター」

no image
サントリー/ロコモア

はじめに加齢とともに体中の衰えを感じるときに飲むべきと勧め...

no image
サントリー/グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン(顆粒)」グル...

no image
ヒアルロン酸とは

体を構成する重要な成分関節痛の改善に役立つ成分...

no image
コラーゲンとは

美容だけでなく健康維持にも不可欠な成分コラーゲ...

no image
MSMとは

関節痛の予防・治療に注目されている成分グルコサ...

→もっと見る